Automattic社AMPプラグインをやめて普通に戻す時はメタタグにampページのURLを出力しないようにする

5 分で読めます。投稿から 9か月。最終更新から 6か月経過。
この記事の作成に約 70 分かかりました。

このブログがグーグルの検索結果にAMPページとして載るようになりました。

グーグルの検索結果がついに一般ページのAMPも表示

AMP検索結果AMPプラグインでの表示

歩き方も流行りのAMPページがインデックスされるようになりました。

しかし、 Automattic社のAMPプラグインを有効化しただけのしょぼい見た目。記事内のリンクをクリックしたら別タブで開くとか最高に使いにくい。広告も無いし、関連記事も無い。見にくい。解析も張っていない。
かと言って絶望的に見にくいわけではないからcssで装飾すれば大丈夫かなぁとも思いましたが、ドツボにハマる予感もあります。

解析はGlue for Yoast SEO & AMPを入れれば簡単に張れます。デザインも少しいじれるのでAMPプラグインを使う場合は合わせていれた方が良いです。
このテーマのsimplicityはなんと最新版ではデフォルトでamp機能もあります。プラグインで先にやってたので有効かはしていませんでした。

ひとまずは元に戻したい。ほっておくとドンドンAMPのインデックスが増加してしまう。

プラグインの無効化はお勧めできない

プラグインを無効化したら、インデックスが更新されるまでエラーが表示されます。AMPはグーグルのキャッシュを表示するのが基本で、一定秒数おきのアクセスのタイミングで更新されるようです。

無効化するとどういう表示になるかというと、エラーページが出てオリジナルへのリンクが記載されます。このリンクが通常URLならいいのですが、ampページのURLなので押して飛ぶと404になってしまいます。エラーが二回続くのはダメ。

404:That's an error

404:That’s an error

下部にリンクが出るのでが飛んでも404になります。
プラグインを無効化してリダイレクトする方法もありますが、上記のエラーページが表示されるのは改善されません。おそらくこれはインデックスが更新されるまでキャッシュ取得エラーの表示になるはずです。
インデックスの更新は早ければ数時間でも入れ替わりますが、全部のインデックスが入れ替わるのは下手をすれば数週間かかります。それまでキャッシュを取得してエラーがでるのはやはり不味い。

なので、AMPページは維持しつつも、通常ページでグーグルへのAMPへの案内を出さないようにします。こうすれば徐々に元に戻るはずです。

通常ページのヘッダーにamphtmlというmeta情報を吐かないように修正

グーグルは

<link rel="amphtml" href="https://slackline.jp/2016/10/07075036/amp/" />

のようなタグを参考にampページを見つけてインデックスしていきます。末尾に/amp/がついていますね。キャシュはだれかがアクセスしたタイミングで作られて頻繁に更新されている様です。

ですので、通常のhtmlソースにこれがでないようにすればいいわけです。
簡単なのはAMPプラグインを編集する方法です。※バージョン0.41
FTPでplugins→amp→includesのディレクトリを開き、amp-frontend-actions.phpを編集します。

add_action( 'wp_head', 'amp_frontend_add_canonical' );

というところがあるので、

//add_action( 'wp_head', 'amp_frontend_add_canonical' );

と先頭にスラッシュを二つ入れてコメントアウトします。
すると通常ページにamphtmlというメタタグが出ません。

あとはひたすらインデックス更新を待つだけ。主要ページはサーチコンソールでFetch as Googleをつかいリクエストするのも手だと思います。

追記:早い時は半日で戻りましたが、数日でも戻っていいないのもあります。検索順位は全く変わりませんでした。

テーマSImplicityの場合

simplicityでampを維持しつつ、amphtmlを出力させないように変更する方法も調べてみました。
子テーマか親テーマファイルのheader.phpを編集します。

<link rel="amphtml" href="<?php echo get_amp_permalink(); ?>">

を削除かコメントアウトしてください。
もちろん21行からの25行の条件分岐部分まるごと消した方がスマートです。

amphtmlを吐かない状態でAMPページを作りこもう

何の考えもなしに、AMP化するのはあんまりよくないかも。

デザインはいじれるようにプラグインはなっているのでコツコツやれば通常ページに近づけた表示にはできると思います。デザインが出来たと思ったらAMPのURLを出力するのがいいのではないでしょうか。
でも、サイトによっては適さないかも。simplicityはテーマでも可能なのでそちらの方も気になる所です。

今のところこのブログはスマホ用もシンプルなので特にamp化する必要はないかな。

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. tyu-bei より:

    はじめまして。
    安易にamp化して困っていたところ、こちらのブログにたどり着き、本当に助かりました。ありがとうございました。
    図々しくも質問なのですが、ampページのはき出しを「//」で止めて、すでに出回っているampインデックスを駆逐できたと思えるタイミングでは、プラグインの無効化をしても大丈夫でしょうか?
    お手すきの折にご回答いただければ幸いです。宜しくお願いします。

    • スラックラインの歩き方 より:

      コメントありがとうございます。
      プラグインはタイミングを見て無効化してOKです。

  2. tyu-bei より:

    先日はありがとうございました。
    徐々にですが、順調に戻りつつあります。
    404を出すことなく元に戻せて、本当に助かりました。
    ありがとうございました。取り急ぎお礼まで。