このまえのハイライン

2 分で読めます。 投稿から 5年。最終更新から 6か月経過。
この記事の作成に約 24 分かかりました。

本来予定していた場所が工事で使えなくて、別の場所へ。

もう少し高さが欲しいところでしょうが、真ん中でもグランドフォールするような雰囲気はなかったです。
でも、バックアップはガチガチに引いているわけじゃないので、そういう意味じゃ。低い。ヘインツザックの本によると10m~15mの長さで高さは8mって書かれているので、もっと高さのある所がいいはずです。


セッティングそのものは時間がかかりましたが、スムーズでした。あたりまえですが、一人じゃ無理。
tsunajiiさんのHighSlideが便利アイテムでした(これだけでハイラインの使用は推奨されていません。メインのリーシュが必要です)。リーシュも使わせてもらいました。やっぱ専用品はなんだか安心感が大きいですね。リングも二重だとラインに優しそうだし(それでも今回ラインのエッジが傷んでました)。

まずは軽く落ちて復帰の練習。
キツイ。
ラインをつかむまで一苦労で、そこから体を上げるのに一苦労。もう歩く体力はありません。トライする時間も体力も限られているから、低い所で練習できることは、やっておいた方がいいですね。
立った状態から落ちると、すごい感覚でした。体が縦方向に一回か二回か回りました。やべ、「死ぬかも」と一瞬思いましたが、普段体験することのない縦回転はすごかった。

ひろひさくんは、真っ逆さまに落ちて、そのまま逆さま宙吊りで静止。恐ろしや!

そんなこんなでスラックラインを歩くどころじゃないです。ま、ハイラインの練習として集まったんでこんなもんでしょう。
上に補助ロープ張ったので、それ使ってみんな何往復かは渡ることはできました。

安全には可能な限り気を使いましたが、もっと高さのある場所の方が安心ですね。
どこか良い場所ないかな。

ハイラインライン乗った・乗るよ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、登山用品店店員(元)、平尾台ボランティアガイド、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、洞窟、植物好き。

歩き方をフォローする
スラックラインの歩き方

コメント

  1. tsunajii より:

    ライン復帰のいいアイテム見つけましたよ。マムートの「レスキュー」。
    http://www.youtube.com/watch?v=R_fuOwCR7ag
    これマジ欲しいです。

  2. 歩き方 スラックラインの歩き方 より:

    手間は掛かりそうだけど、システム化されていて良いですね。

    自分は普通に自力復帰できるように練習予定です。 SUPER easy techniqueって書かれているからできるはず。
    http://www.balancecommunity.com/Slack-Science/highline-leash-part-4-climbing-your-leash