amazon.comでギボンのX13シリーズが販売注文開始

3 分で読めます。 投稿から 6年。最終更新から 3年経過。
この記事の作成に約 43 分かかりました。
スポンサーリンク

ギボンのラインの新シリーズX13

3月15日から売るよってリーク情報がありましたが、まさにそのとおりでした。ギボンの新しいスラックラインのx13シリーズがアメリカのアマゾンで買えます。在庫が少ないから、もし欲しい人はお早めに。ちなみに、ギボンUSAの公式サイトでは数日前から注文可能になっていました。ドイツアマゾンでは動きなし。スラックラインコーナーも旧モデルが売られています。

ドイツのほかのサイトではプレオーダーから販売開始になっています。例えば、alpinsport-basis.de(日本には無理っぽい)です。定価は同じすが、ショップによっては違うかもしれません。

急いで買う必用があるのか?ってことですが、通常なら買う必要はないでしょう。デジタル家電とかとは違いますし、そのうち日本でも正規品が売られるでしょう。中身は微妙な違いだけで基本的に同じだとは思います。新しもの好きの人は買うのも一興かも。あとは、ちょうど買い替えタイミングとか。トリック用ラインは消耗品ですからね。うちのはもうぼろぼろです。

X13シリーズのラインが更にダイナミックに、丈夫になっているってのは気になりますよね~。自分だけかな・・・。FBでも全く話題になってないし。ぶっちゃけ大きな違いはないのかもしれません。好みや慣れという問題もあります。その他の変更点としてラチェット側のラインが50cm長くなっていますが、歩行ラインが50cm短くなっています。トータルの長さは同じ。

日本では

そのうち日本でも全部入れ替わるでしょう。気になる人はギボンジャパンの公式ショップであるhttp://blance.shop-pro.jp/を要チェック!現在、クラシックとレディースしかラインは売ってませんから、一気に追加されるはずです。

以下はamazon本家です

GIBBON-amazonその他

関連エントリー:ギボンの新ラインシリーズが公開になりました。その他の商品もバージョンアップ。
関連エントリー:ギボンの新しいラインのデザインを5種発見、トリック用は更に跳ねやすく

ギボン-GIBBONスラックラインの小ネタトピック
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、登山用品店店員(元)、平尾台ボランティアガイド、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、洞窟、植物好き。

歩き方をフォローする
Amazonプライムビデオで「スラックラインのはじめかた」の無料視聴ができます。GAORA Bros.は14日間なら自由視聴できますので、プライムの30日お試し期間と組み合わせることでスラックライン番組4本 無料で見れます。
スラックラインの歩き方

コメント