ギボンの新しいラインのデザインを5種発見、トリック用は更に跳ねやすく

2 分で読めます。 投稿から 6年
この記事の作成に約 20 分かかりました。


facebookなどで新しいデザインの画像が散見されていましたが、ウクライナのスラックラインショップhttp://vk.com/albums-44756724で画像を見つけました。見つけたといっても、去年の11月に公開されていたようです。よくわかりませんがコメントを見ると、価格は多分同じで2013/3/15から売るよ、みたいに書かれています。

ファンラインなんかかなりポップになっていますクラシックも新しくなっています。しかもハンドルが黄色い。ファンは水色。トラベルは赤です。
どうやらX13シリーズというみたいです。デザインだけではなく、トリック用はライン自体もさらに進化しています。

すでに新ラインに乗ったGappai選手のツイートによると、ジブとサーファーは織り方が改良されてさらに跳ねやすく、しかも体にやさしい感じだそうです。このバージョンアップは嬉しいですね。
facebookにはサーファー(おそらくジブも)はラインが丈夫になっている、ともテストしている人が書き込んでいました。

多分、最初は少数しか日本に入ってこないはずなので、普通に流通し始めるのは6月くらいになるんじゃないかと・・・。まだ半年先の話。
いずれにしろ、正式発表が待ち遠しいですね。
Gibbon

http://vk.com/album-44756724_165819015引用元:Gibbon X13 | 9 photos

画像は引用元から加工。

メディアギボン-GIBBONトピック
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、登山用品店店員(元)、平尾台ボランティアガイド、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、洞窟、植物好き。

歩き方をフォローする
スラックラインの歩き方

コメント