ギボンのTシャツをamazom.comから買ってみよう

4 分で読めます。 投稿から 7年。最終更新から 2年経過。
この記事の作成に約 50 分かかりました。
スポンサーリンク

夏はTシャツ

http://www.spreadshirt.de/slackline
↑ドイツのTシャツ販売サイト。スラックラインをモチーフにした商品がたくさん。ぜひみてください。デザインを見るだけでも楽しい。日本に送れるかは不明。

本当は怪我の可能性があるから、長袖が良いんだけど暑いから夏はTシャツが基本。スラックラインは運動量が多くてすぐに汗がでます。

少し前は、自分にはスポーツするなら化繊シャツって認識がありましたが、最近は綿の方が好きです。
そんで、スラックラインっぽいのTシャツを探している人もいると思います。海外サイトを探すと、スラックラインをモチーフにしたTシャツはたくさん見つかるんですが、日本ではほとんどみかけません。なので、アメリカギボンが売っているTシャツをamazon.comから買ったらお手軽です。

日本の代理店のアルゴアクティブでも販売しているはずなんで、そっちで買うのも手です。あと、今ではオリジナルで簡単にデザインできるTシャツ販売サイトもあるので、自分だけのシャツを作るのも良いですね。

amazon.comから購入する

アマゾン本家から簡単に個人輸入できます。アカウントをとってしまえば、日本のサイトと同じようにクリックだけで買えます。詳しくは、amazon.comでのスラックラインの買い方やアウトドア用品の個人輸入のエントリーを参考にしてみてください。

以下4種類が、今現在売られています。

もちろん、ラインも一緒に買えます。しばらくサーファーラインが日本に送れなかったんですが、さっき確認したらまた送れるようになってました。マットは相変わらず駄目です。

ギボン-GIBBONトピックラインなどの個人輸入その他のアイテム
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
slackline.jpを書いている人
歩き方

2009年よりスラックライン乗ってます。日本山岳ガイド協会公認ガイド(自然Ⅱ、登山Ⅲ、山岳Ⅰ)、登山用品店店員(元)、平尾台ボランティアガイド、NACS-J自然観察指導員など。アウトドア好きでキャンプ、洞窟、植物好き。

歩き方をフォローする
スラックラインの歩き方

コメント