WPプラグイン-1 Source Cleaner ソースの改行と空白を削除してミニマム化するプラグインを作った

3 分で読めます。投稿から 6年。最終更新から 1年経過。
この記事の作成に約 42 分かかりました。

image


Creative Commons License
photo credit: maistora
ソースを少しでも減らしたいと思い、改行と空白(ホワイトスペース)を削除するプラグインを作りました。

これを使うとソースが最大たった一行で記述されます。このblogだとキャッシュプラグインのクレジットがでてしまいますけど、headから/bodyまでは一行です。トップページでサイズが5%小さくなりました。ただ、この状態だとスースが見にくいので、プラグインで手軽にオンオフができたらいいなと思ってプラグインにしました。管理者の場合、無効化表示させたらいいかもと思ったんですが、このプラグインでレイアウトが崩れる可能性もあるのですべてのユーザーに対して有効化されます。探せば似たようなプラグインはいくつもあって、機能もちゃんと付いているのがあったのですが・・・、なぜかなかなか思うようにはならず・・・、ほとんど自分のブログ用って感じです。

レスポンスの改善につながるかは微妙ですけど、キャッシュプラグインを入れているなら単純にファイルサイズは極僅かですが減るので確実な方法ではあると思います。firefoxのソース表示で折り返さずに見るとソースが1行に収まります。Google Adsenseを入れている場合は広告が表示できるように改行されます。

このプラグインが削除するコード

改行
半角スペース2つ以上(ひとつは削除しません)
タブスペース

注意点

<pre>の中の改行も削除されてしまいます

<pre></pre>でプログラムやタグなどを記載する場合に、中の改行までも削除されてしまいます。なので、<code>タグを使ってください(codeだと<br />が入るの大丈夫です)。さらに、<div>で囲んで、スタイルをつけて背景色やマージンをつければ一応、<pre>っぽく使えます。
プラグインにはエスケープ文字変換機能も同包されているので、エントリー編集で保存するとブラウザ表示に紛らわしい文字をエスケープ文字などに変換して保存できます。過去のエントリーでも更新ボタンで変換できます。この機能は別に特別な機能でな無く、本来WPはデータベースに保存する際に同じようにエスケープ文字に変換して保存し、編集時は元に戻して表示している感じ(たぶん)なので、特に問題はないと思います。

一部、レイアウトが崩れます

テーマやWPタグが吐き出すスペースも消してしまうので、一部レイアウトが崩れる可能性があります。ですが、cssでマージンなどで調整すれば解決可能です。ひどければ諦めるか、プラグインのパラメータをいじってみてください。シンプルなので可能です。

インストール

公式サイトに登録されているので、ご自身のWPの管理画面でSource Cleanerと検索して見つけて自動インストール後に有効化してください。

手動

http://wordpress.org/extend/plugins/1-source-cleaner/
ファイル解凍後、pluginsフォルダに解凍でできたフォルダごと入れる。もしくは手動インストールでパソコン上の.zipファイルを読み込み、WPで解凍インストールさせる。
あとは、管理画面で有効化。

スポンサーリンク
レクタングル大