WPにて総クエリ・総エントリー・総コメントの数を書きだす記述

2 分で読めます。投稿から 7年
この記事の作成に約 25 分かかりました。

ブログの総エントリー数やコメント数、クエリ数を調べてソースに書き出す方法です。
footer.phpに最後に以下を付け加えます。

<!-- <?php echo get_num_queries(); ?> queries -->
<!-- <?php $count_posts = wp_count_posts();$published_posts = $count_posts->publish;echo $published_posts;?> entries -->
<!-- <?php $count_comments = wp_count_comments();$approved_comments = $count_comments->approved;echo $approved_comments;?> comments-->

こうするとソースを見れば総エントリー数やコメントが確認できます。

<!–16 queries –>
<!–216 entries –>
<!–35 comments–>

クエリというのはDBから引き出す動作のことで、この数が少ないほど動的生成が軽い構造と言えます。個別記事やカテゴリーでは違う値が出るので確認してみてください。アクセスして動的生成が遅いと感じる人はクエリを確認してプラグインなどを見なおして数を減らせば少しは軽くなる可能性があります。

クエリは別として総エントリーなどをブログのステータス表示として行いたい場合は、 <!–  と –>を取り払って各テーマの表示したい場所に記述してください。サイドバーに使う場合は、ウィジェットでもphpが使えるようにするプラグインをインストールして記述してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大