バットバウンス日記vol.3

2 分で読めます。投稿から 7年。最終更新から 5年経過。
この記事の作成に約 21 分かかりました。

・11日目—–いつものごとく夜の公園で二時間ぐらい。体を暖めてバット開始。成功はするけど動画に撮ると姿勢が悪い。
しかし、数をこなすほど上達はしてくる。足は地面に付くことはあっても、蹴り上げることはほぼ無くなった。そして、もう少し尻を突き出して深く座るように落ちた方が、深くラインに沈むことができて結果、上がりやすくなることに気づく。これは深すぎると反対にひっくり返ることになってしまう。が、ひっくり返るギリギリの場所が、つまり腰の重心の真下になるわけだろうから深く沈めることに繋がる訳だ。これを気がけると間違いなくあがりやすくなる。上がらない上がらないと思っていたのは落ちる尻の落ちる場所が外側過ぎたのが原因かと思った。

・12日目—–昼間腰が痛いのはバットのせいかと思ってしばらく休む。今日も少し痛いと思ってバットをしているとなぜだか痛みが消えた。冷静に、腰骨にどのぐらい圧力がかかっているか気にしてみると、さほど衝撃は腰に来なない。うーん。ラインの弾性は偉大だ。今日はコンロとネイチャーストーブを持ってきたので、それで夕食&お湯沸し。プリムスのイータパワーはやはりいい。風防完璧だし。分離型だし。一人用としては大きすぎるけどね。そのほかに、ユニフレームのネイチャーストーブを持ってきた。クスノキの葉や枝をガンガン入れる。うーん。樟脳のいい香りがする。ネイチャーストーブは14年前に買ったのだけど、いまだにどこも壊れず現役。鍋は汚れるけど、お湯ぐらいなら沸かせる。それに、薪集めが楽しい。てなかんじで、動画も撮ったのでどうぞお暇な方は見てやってください。

この記事はいかがでしたか?

FB:スラックラインの歩き方
Facebookでは更新情報・話題の動画等を配信中
ぜひいいねをしてチェックお願いします。

Facebook:スラックラインの歩き方

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

GIBBON(ギボン) SKOW RELEASE

  • カテゴリ:スポーツ用品
  • 定価:¥ 6,696
  • 販売価格:¥ 5,998
スポンサーリンク
レクタングル大