バットバウンス日記

5 分で読めます。投稿から 7年。最終更新から 1年経過。
この記事の作成に約 64 分かかりました。

バットバウンスムズイ。
とにかく上昇力不足。
ラインの反発だけでは上がんない。たぶん、それは落ち方が悪いから。落下エネルギーを腰・尻でラインにぶつけ跳ね上がる。そのぶつけ方が簡単そうですごくムズイ。

・一日目—-無節操にチャレンジして派手に吹っ飛ぶ。ライン高め。後半テンションを強めにして数回成功。だけど、激しく足を打ちつけて足が痛い。

・二日目—-前回の練習の後遺症で体が痛い。軽い打撲なんだろうけど、心地よい痛み。この日は、ライン復帰は考えず軽めに落ちる練習をひたすらやる。

・3日目—–最初からやる気を出して練習。テンション強めにして少し飛ぶ意識を持つと意外と成功する。しかし、右足はたまに曲げてそれで無理やり上がってしまうので、足をまっすぐして落ちる練習をする。んで、ほとんど上がれなくなる。この頃、後ろに座るようにして落ちる癖がついてしまう。この落ち方だと、落ちるインパクトが少なくなってしまうが、足は曲がらないことに気づく。また、ズボンも破れたことにも気づく。まぁ、でも一応できるようになったかなと思ってしまった。

・4日目——ラインが8mくらいのところで練習。短いので全くあがれない。なので、ひたすら足を伸ばして落ちる練習。足を強く打ちつけるので、股関節や足が痛くなる。

・5日目——-昨日重点的に足を練習したのでかなり期待を持って練習を始める。だけど、全く駄目。足はほぼ伸びて落ちれるようになるが、まったく上がらない。徐々にラインのテンションを上げながら試すが駄目。上がれても、足を曲げて足を使って上がったときくらい。テンションをかなり強めにかけると、足を伸ばしたままでも上がれる。が、テンション強すぎて普通に立つのもきつい。踏み切りのタイミングも難しい。やっぱり、上昇力が不足という実態を認識。高めに飛ぶと成功するが、足は伸ばしながらも踏ん張って足の力を使って上がってしまう。中途半端な踏み切りでラインに体を複数回打ち付ける。

  • 立ち方—–上半身も下半身も正面。スタンスはレギュラーでなく歩行スタンス。膝を曲げると落ちる距離が少なくなるので、落ちる瞬間は伸ばし、体もまっすぐ保つ。支点に目印をつけて、ずっとその視線を離さないようにする。
  • 落ち方——-普通に落ちると上昇量不足。膝・背は伸ばして、落ちるとき尻に体重が集中するように気をつける。気を抜くと、後ろに座るように落ちてしまう。これは多分良くないんだろうけど足は伸ばしやすくなる。んで、ライン復帰できるときもある。
  • 足—–とにかく伸ばすように意識付けて概ね出来るようになる。が、伸ばしたとしても上がるときにかかとで地面を蹴ってしまう。これで上昇力を得てライン復帰してしまうときもあるが、これは×。足の方向は出来るだけ前にと思っていたが、動画とか見る限り斜め45°くらいが自然のようだ。
  • ラインのテンション——やはり少し強めがいいのは間違いないと思う。でも、強すぎはどうかと思う。
  • ラインの長さ——たぶん、最低でも10mは必要で長いほうが良いのでは?と思うがこれから検証。
  • 飛ぶラインの場所——-真中が良いかと思ってそこでずっと練習したけど、支点側にそれなりにずらしてもあまり影響が無いようだった。
  • ラインの高さ——-最初は足がつかないように高めで練習したけど、あまり高いのもどうかと思い直し普通の高さ。ベルトの少し下で練習していた。低すぎると足を地面に叩きつけることになってしまいそれで、少し痛めた。
  • 失敗——ほとんどが上昇力不足。練習初日は後ろにひっくり返って背中を強打して呼吸が苦しくなった。後ろ側にマットは練習では欠かせないと思った。だけど、それは無茶な飛び方をした一日目だけだった。落ちたとき、ラインに全くかすらず尻を地面に直接落としたことは一度も無かった。中途半端にかすって、尻の側面をラインで叩いてさらに、腕にもバチンとあたったのが複数回あった。踏み切りに失敗して、自分でも良くわからないがクロスラインの状態でチェストバウンスするようにラインに落ちて、弾かれて上半身から地面に落ちた。痛くなかったけど、かなりビックリした。
  • ■まとめ
    とにかく上昇力が肝。うまく尻に落下エネルギーを伝えられるようにしなくては。その為には、なるべく背を伸ばして落ちることと、膝もまっすぐ伸ばした状態で落ちることが重要。重心が後ろ足の上にあるとどうしても落下距離が短くなってしまう。前足に重心がいくように気をつけると、結果的に背筋も膝も伸びるのでその意識を持つようにする。落下してからの足は伸ばせるようになったけど、その状態でも地面を蹴って上がってしまう。たぶん、落下エネルギーが全部ラインに伝わる前にあしで蹴ってしまっていると思う。練習してどうにかしないと。上がってしまえば、ラインに立つことはそんなに難しくない。

    この記事はいかがでしたか?

    FB:スラックラインの歩き方
    Facebookでは更新情報・話題の動画等を配信中
    ぜひいいねをしてチェックお願いします。

    Facebook:スラックラインの歩き方

    スポンサーリンク
    レクタングル大
    レクタングル大

    GIBBON(ギボン) SURFER LINE X13 30m 【日本正規品】 B-SL30-X13

    • 発売日:2013-06-20
    • カテゴリ:スポーツ用品
    • 定価:¥ 23,760
    • 販売価格:¥ 19,395
    スポンサーリンク
    レクタングル大