キングオブスラックライン2010第9ラウンドはカルロスの挑戦状!

2 分で読めます。投稿から 7年。最終更新から 7年経過。
この記事の作成に約 25 分かかりました。

ついに出ました。
第9ラウンドはなんとスキーレルバックフリップです。
しかも、提示動画では3連続成功させています。これだけでもギネスクラスの動画です。
恐るべきメイク率です。
まさに、カルロスの挑戦状!

スキーレルバックフリップとはリスのように丸く円を描いて行うバックフリップのことです。
スラックラインマスターことアンディルイスが名付け親で3年前にすでに成功させいます。両手で足をしっかり持ちながらバックフリップを決めています。
そのどうがはAndy Lewis Squirrel Backflipです。

それにしても、一気にレベルが上がりました。
一応、スキーレルじゃなくてもバックフリップであればスタイルは問わないと記載されています。
なんだか、最終ラウンドのようなにおいもするのですが、どうなのでしょう?

いやでもでも、
動画の文章はonly one backflip necessary to get through.
「ただ1つのバックフリップが乗り越えるのに必要です」てなかんじ。
この文章だけでは最終ラウンドとは決め付けられません。

昨年はそれらしい文章で、Who will be the winner? There can only be one King of Slackline!
と書かれていたのです。

まだラウンドが続くなら、次のトリックは何になるのか?
バックフリップ同等以上となるとコンボは抜きにして、フロントフリップ、フロントフリップ180、フロントフリップ360(成功者いるのか?)、ミスティフリップ、バックフリップ180、バックフリップ360、バックフリップトゥバットバウンス、ダブルバックフリップなどになります。あらら、結構色々あるんだな。
finalはマスターが出てくるのか?今から楽しみ。

この記事はいかがでしたか?

FB:スラックラインの歩き方
Facebookでは更新情報・話題の動画等を配信中
ぜひいいねをしてチェックお願いします。

Facebook:スラックラインの歩き方

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

GIBBON(ギボン) SKOW RELEASE

  • カテゴリ:スポーツ用品
  • 定価:¥ 6,696
  • 販売価格:¥ 5,998
スポンサーリンク
レクタングル大